【チベット紀行】天空の高音フェイク ALAN-おすすめ6選

茨城県鹿嶋市・神栖市のシャムの国では、日本の皆様に少しでもアジアを知って頂くために、情報を発信しています。 

まずは、圧巻の歌唱力をお聞きください。 曲はチベット高原です。 

故郷チベットを歌うALANは圧巻です。

チベットフェイク・美人谷出身

1987年7月25日生まれ。 ALANは、中国四川省・チベット族自治州の美人谷出身です。 そこでチベット歌手であった母親よりチベットフェイクを受け継ぎます。 チベットフェイクとは、高音から更に1段また2段と超高音に引き上げるチベットに伝わる歌唱技術のこと。 この動画の最後の部分をどうぞお聞きください。 

チベットの美しい風景とALAN

一貫して平和を伝える「ALAN」

チベットは、チベット仏教の教えを大切にして、目上や子供を大切にします。 親孝行の人が好き、タイと同じですね。 前美人谷MVの黒い衣装はタイ北部の山岳民族とかなり似ています。 山続きなんですよ。

一貫して平和を伝える「ALAN」。 ここで風や木々、水、草、花などの自然のささやきに神聖を見る「天籟之愛」をどうぞお聞きください。

平和と愛を伝え続けるalan
個性豊かなチベット歌手の迫力の共演

湧き出づる日本への想い

実はALANデビューは日本。 それが夢の実現のはじまりでした。 湧き出づる日本への想い。 ここでは、デビュー曲「明日への賛歌」と世界公開映画の主題歌「久遠の河」の2本を紹介いたします。

2017年再来日「明日への賛歌」
https://youtu.be/4Oc0tBsc91s
2009年レッドクリフの主題曲「久遠の河」

そして、日本では故神田沙也加さんと親友だったそうです。 さすがですね。 強い信念をお持ちの二人は自然と引き合ったのでしょう。

シャムの国では、人への尊敬そして感動をできるだけアジアの視点でお伝えしたいと考えています。 次回はアジアに感動を広げる日本の歌を計画していますので、楽しみにしていて下さいね。