歴史

タイ王宮 シャムの国

タイ王国は比較的新しい国名
現タイ王国は、1939年に改名され、比較的新しい国名です。 それまでは長くシャムの国(SIAM)として呼ばれていました。
シャムの国はタイ族の国を意味し、日本では「暹羅」と書かれシャムと呼び、この歴史は長く14世紀頃から600~700年ほどであり、この間、数々の戦争や内乱を経験し、王朝も変わってきたが、ずっとシャムの国と呼ばれていた。

唯一植民地支配を受けなかった国
このシャムの国(タイ王国)は、東南アジアの中では唯一植民地支配を受けなかった国。 20世紀前半の欧米による植民地時代、周辺はイギリスやオランダ、アメリカ、フランスの植民地に囲まれている中、タイだけは唯一の独立国でありました。 タイ人と多く接する中で「決めない柔軟性」「敵を作らない立ち回り」を良く感じることだが、そういったことが「したたかな外交」「敵を作らない外交」で国難を外交で立ち回った側面があるのではないかと思っています。 

愛する象とシャムの国
それからタイ人の伝説の話ですが、現ミャンマーとの戦争で苛烈を極めた時、状況を打開したのはシャムの国側の勇猛果敢な象であり、それで勝利を収めたという。 現在においてもタイ国民は象を誇りにし、敬い、そして、家族と同じようにしている。 これもシャムの国の時代と言います。

タイ古式マッサージとシャムの国の関係

タイ古式マッサージ/鹿嶋市・神栖市のマッサージならシャムの国

シャムの国で確立
タイ古式マッサージは、14世紀~17世紀のシャムの国の時代に確立されます。 しかし、18世紀ビルマ軍の侵略により、首都アユタヤが陥落した際、マッサージのテクニックに関する医学書物の大部分を失うこととなりました。

シャムの国で革新的発展
しかし、革新的な出来事が発生。 1832年ラマ3世が、タイ古式マッサージを再興させるため、バンコク最大のワットポー寺院の石碑にテクニックを刻み、同寺院に教育施設を設立しました。 この結果、寺院や王宮だけのマッサージ文化だったものが、広く一般民衆に浸透しはじめました。 人々は家に帰り、年老いた親にマッサージを施したのであろう。 どんどん生活の中にマッサージが浸透し、親孝行が深まり根付いていった。 ゆっくりとゆっくりと。 そしてタイ国民の文化となり、徳が醸成される。 これは日本人の心の中にある聖徳太子の「和を以て貴しとなす」と同じではないかとふと思う時があります。 マッサージの革新的発展もこのシャムの国の時代でした。

そして世界が認めるマッサージへ
その後、世界で発展を遂げたタイ古式マッサージは、2019年には「ユネスコ無形文化遺産」に登録。 世代を超えて継承すべき伝統的な価値のあるものと認定されることになりました。

シャムの国

タイ寺院 シャムの国

シャム猫とは?
現タイ王国は、かつてシャムの国と呼ばれた深い森と山があふれる美しい国。 これは、タイ王宮の秘宝とも呼ばれたシャム猫などに今も残されています。
このシャムの国の時代にタイ古式マッサージが確立され、そして国の文化となるまで発展しました。 

日本との良好な関係
欧州のタイへの侵攻を退けたタイの英雄、山田長政もこのシャムの国の時代です。 日本とタイ、そして天皇陛下とタイ国王との関係が長く良好な関係が続く中、私たちは、日本でマッサージをさせていただいてます。