WEBサイト高速化の取り組みを行った結果、「サイトに優れたページエクスペリエンス」評価が劇的に改善(0%→100%)しました。

こんにちは!
茨城県のリラクゼーションサロン「シャムの国」です。 鹿嶋市と神栖市のタイ古式のお店です。 お店のホームページを自作して11カ月。 ホームページは、WordPressのLightning(G3・スキンなし)で制作しています。  

WEBサイト高速化の取り組みを行っていましたが、google search consoleの「ページ エクスペリエンス」グラフに変化が生じていました。 今までは見たことはあるものの、動きもなく別段気にしていませんでした。

これは素人でも分かるように時系列のグラフで示されており、改善を行った時期と同じくして「サイトに優れたページエクスペリエンス」評価が劇的に改善(0%→100%)していました。 その他の「Page Experimenceシグナル」「ウエブに関する主な指標」「モバイル ユーザビリティ」も良好。 同じ境遇の方に参考となればと思い、投稿させていただきます。

google search consoleに関連する4指標を以下に示します。

サイトに優れたページエクスペリエンスのURL

良好URLが0%→100%に改善していました。

Page Experimenceシグナル

後でこの指標に気が付いたので、改善前は不明ですが、下記の通り良好です。

ウエブに関する主な指標:問題は検出されませんでした。
モバイルユーザビリティ:問題は検出されませんでした。
HTTPS:サイトでHTTPSが使用されています。

ウエブに関する主な指標

不良URL、改善が必要なURLが無くなり、全て良好URLになりました。

モバイル ユーザビリティ

一時期、「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」というエラーがありましたが、自然と消滅していました。 現在は全て良好です。

取組内容は?

ページスピード改善の2つの取組内容を下記に示します。

Lightning G3への切り替え

G3切替時にスピードUP系プラグインをいったん全解除せざるをえなくなり、ストレスを感じる程に表示スピードが遅くなりました。 これでページスピードの大切さを理解し、約1週間で応急処置を行いました。 どうぞご覧ください。

lightning
Lightning ProからG3への切替記録

Webサイト高速化

上記の取組で、 ページスピード に慣れてきたので、スピードUP系プラグインの選定と設定を1つ1つ丁寧に行った結果です。 設定内容やトラブル事例も公開しています。 どうぞご覧ください。

lightning
ページスピード改善
Webサイト表示の高速化作業記録

最後に

アクセス数はわずかに上がったと思います。 同じ境遇の方に参考にしてもらえればと思い、投稿させていただきます。